ネットビジネスに挑戦して2年、得たものと失ったもの

ピンクの花

50代のおばちゃんが、ネットビジネスしたい!と思って、はや2年が経ちました。

 

実際のところ、成果はまだまだです。

 

これまで投資した費用分が、最近やっと回収できたので、トントンになったところ。

 

今は、月々の勉強代とサーバー代は、稼げるようになっているので、誰に気がねすることもありません。

 

小さな花が咲いた感じです。

 

ネットビジネスに挑戦してちょうど2年。

 

pv数は、3,000/日を超えたこともありますが、一過性ですから、ホント目標にはほど遠く、まだまだです。この2年を振り返って、得たものと失ったものを述べたいと思います。

 

 

ネットビジネスを始めたきっかけ

きっかけは、やはり経済力をつけたいから。

 

世の中、お金がすべてではないです。

でも、家庭も子育ても地域も、経済力がないと、ため息をつくだけで終わってしまいます。

前向きに稼ぐために、そして、自分の持っているすべてを活かせる手段が、ネットの中にあると思ったから始めました。

 

とはいえ、なんのスキルもない素人ですから、まったく分けわからん状態です。今もあまり分かってないです(^^;)

 

July 4th、私の好きな「アメリカ独立記念日」

2年前のこの日に、よし!やってみよ!と決め、

 

サーバー借りて
ドメイン買って
Word Pressインストールして
プラグを入れて

 

2日かけてようやく形を作って、ブログを書き始めるところまでこぎつけました。

だから、実際、7月6日から書き始めました。

 

なに書いていいのか分からず、とにかく書いてるだけ。

だから、 検索ボリュームも、SEOが何かも、タイトルも、記事の内容も、ブログ内の回遊も、なーんも分からず書いてました。

とてもお粗末な内容です、、、

 

 

教えてもらったことを咀嚼しようとして、目に見える結果を出そうとして、それでも満足な結果が出せなくて、出来なくて、つらくて、悲しくて、、

でも、一生懸命でした。

ただただ、一生懸命だった。

 

 

そんな時期があったから、ずっと続けてこられたし、これからもずっと続けていけると思ってます。

 

 

5年やってモノにならなければ、素質はないものとする。

だけど、かけてきた時間とお金と思いに後悔はない、それが今の心境です。

 

 

1年目で得たもの

去年、久しぶりに帰省した息子が、私の顔をまじまじと見て一言、
「母さん、なんか、、若くなったね・・」

「は!? それは、ど、どうも、ありがとう・・」

まさか、息子に言われるとは思ってもみませんでしたが、たぶん、それまで、前向きになれず悩んでばかりだったのが、ブログを始めることによって、悩みを決意に変え、根拠はないけれども、出来るという自信を持って臨んでいたから表情にあらわれていたのかなと思います。

病院の定期検査の待ち時間に、ブログの改善点をペーパーにして読んでいると、不思議そうに「何、それ?」と息子が聞いてきました。

ブログの勉強だよと伝えると、

「ふーん。・・いいんじゃない? 俺も好きなことやらせてもらってるからさ、母さんも好きなことすればいいよ。」と。

 

こんな息子を持って私は幸せ者です。

 

夕食後の片づけを済ませ、私がブログを書くためにパソコンに向かうと、「もういい加減にしたら?」と旦那さんが言うやいなや、娘がすかさず、「お父さん! 母さんは、お仕事してるの!」と、たしなめるように言ってくれます。

 

ありがとね。母さんは、あなたがいてくれて、とってもうれしいです。

 

息子からの一言も、娘からの応援も、私にとっては大きな大きな成果です。

 

2年目で得たもの

最近、月々にかかる費用も余裕で稼げだしたので、もっと勉強するために、あるブログサービスに入り勉強を始めました。

 

費用も含め、旦那さんに伝えると、

「いいよ、きみがやりたいんなら。・・それにしても、よく続くね。ホントに書くことが好きなんだね。」
と、しみじみ言われました。

 

やっと旦那さんの理解が得られるようになったかな。

 

あるお店レビューをブログに書くために、飲みに行きたい!と言うと、あっさり「いいよ」とOKが出たし、初めてシュノーケリングに行きたい!というと、「じゃ、それもブログに書けるね。」とOKが出ました。正直、ラッキー!です。遊びに行けて、ブログに書けます。

 

私は、仕事以外で飲みに行く事なんてありません。仕事の飲み会も、10回のうち9回は断るし、どうしても仕事に支障がある飲み会だけしか行かないです。

 

うちの旦那さんが、特別にうるさいのではなく、飲みに行く時間とお金があるなら別にまわせば?という派ですし、私もそうです。

 

お互い、どうお金を使うのか、子どもたちをどう育てるのか、自分たちは将来どう生きたいのかを、いつも話し合ってます。いやでも老後は一緒ですからね。

 

ブログで稼ぐと私が言い始めた時は、「は?そんなのやめとけば?ブログは趣味にしたら?」というのが旦那さんの意見でした。

最近は、「俺も書こうかな?」と心にも無いことを言い出しました。

 

 

コンサルを受ける時も、「あのね、お金の稼ぎ方なんて、誰も簡単に教えるわけないでしょ?」と。

 

それが、今では、月々に費用のかかるブログサービスに入ることにも理解するまでになりました。

近いうちに、その費用も回収できると思っているからです。

ゲンキンな人ですからね。

 

(でも、落とし込みの船に乗るのは、「俺が行けないのに、なんで君が行くの?」と、なかなか許可が出ないな~。

D島の近くで、バクッとかかるところを、撮影したいんだけどな~。

ドラゴンフィッシュもキラキラしていいなぁ。)

 

 

この2年で失ったもの

ブログを書き始めて、失ったものがあります。

それは、「ネットで稼ぐのは簡単かもしれない」という幻想そのもの、です。

 

また、その方法を教えることも、定かではなく、100%ではないということも、理解できました。

 

学んでいること

今は、足らない部分を補うために学んでいます。

自分のブログを伸ばすためと、いつか、私の思う2人の女性にその方途を伝えるために学んでいます。

1人は、3つ年上のMさん、もう1人は娘の同級生の子。

 

2人がホントにブログビジネスをすることはないかもしれないけれど、私は私の思う人にのみ伝えたいと思っています。

 

 

テーマごとのメリット・デメリットとSEO

常時SSL化

著作権や肖像権

誰が誰に伝えるのかという差別化

読ませない工夫

好きなことを書く

css編集

カスタマイズ

 

学ぶことはたくさんあります。

 

情報商材によってだまされる人が多いから、もういい加減に終わりにしたい、そう思ってブログサービスを立ち上げた人から、学んでいます。

 

学びに終わりはないですね。

かならず、学びを結果に出します。

ps,

正直、2年もやってるわりには、自分のショボさ加減に落ち込む。身心ともにスタミナ不足。手が進まない。

ため息ついて外の景色を見たら、そこかしこ、山々は、ピンク色のねむの木の花が満開だ。
自分らしくやればいいよって、ねむの木が言ってるようで、優しい色合いにまたナミダ。

ページ上部へ戻る